●活動予定・紹介


活動の様子



シンポジウムテキスト



活動予定・活動実績

本会は主として、①技術講演会・研修会、②技術交流・情報交流、③研究協力、④見学会、などの活動を行っています。中でも、定例の技術講演会、講演・見学会、オープンシンポジウムの3つのイベントを柱として、年5回の研究会を開催し活発な活動を図っております。年5回の研究会のうち、講演・見学会、ドライコーティング研究会との合同研究会、オープンシンポジウムを各1回開催しています。これらの活動実績および予定を以下に紹介します。


<行事概要>

●参加申込

行事に参加ご希望の場合は、ご所属、お名前、行事名を下記事務局宛、メールにてお送り戴きたく御願い申し上げます。

平成25(2013)年度行事:第一回研究会(5月31日)、第二回研究会(9月12~13日:秋田地域視察研究会)、第三回研究会(第六回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於関西)、第四回研究会(12月13日)、第五回研究会(平成26年2月28日:第六回岩木賞、第16回シンポジウム)

平成24(2012)年度行事:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(9月6~7日:三重・名張地域視察研究会)、第三回研究会(第五回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於お台場)、第四回研究会(12月7日)、第五回研究会(平成25年3月1日:第五回岩木賞、第15回シンポジウム)

平成23(2011)年度行事:第一回研究会(6月6日)、第二回研究会(9月15~16日:長岡地域視察研究会)、第三回研究会(第四回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於関西)、第四回研究会(12月8日)、第五回研究会(平成24年2月24日:第四回岩木賞、第14回シンポジウム)

平成22(2010)年度行事:第一回研究会(6月4日)、第二回研究会(7月30日:第三回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於東京)、第三回研究会(10月7~8日:東北地域視察研究会)、第四回研究会(12月10日)、第五回研究会(平成23年2月25日:第三回岩木賞、第13回シンポジウム)

平成21(2009)年度行事:第一回研究会(5月29日)、第二回研究会(7月16日)、第三回研究会(10月27~28日:第二回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、関西地域視察研究会、於関西)、第四回研究会(12月11日)、第五回研究会(平成22年2月26日:第二回岩木賞、第12回シンポジウム)

<平成21(2009)年度:第一回研究会>

開 催 日 時:平成21年5月29日(金)   14:00~18:00

場      所:東京都産業技術研究センター・西が丘 本館南棟4F 第4会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:

1. 開会挨拶

2. 挨拶

3. 講演

4. 総会
 ・ 平成20年度活動報告

 ・ 平成20年度会計報告

 ・ 平成21年度役員選出

 ・ 平成21年度活動計画

5. 見学会 
  
6. 閉会の挨拶、次回の予定
 
7. 交流会


<平成21(2009)年度:第二回研究会>

開 催 日 時:平成21年7月16日(水)   13:30~17:20

場      所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 統合支援施設2F会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:
[Tribological Science and Technology with Instrumentation]
1. 開会挨拶
2. 講演
3. 閉会
4. 交流会


<平成21(2009)年度:第三回研究会>

第二回『トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

開 催 日 時:平成21年10月27~28日   13:30~17:20

場      所:AMPI、関西大学

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:
(1日目)
1. 開会挨拶
2. 講演
3. 閉会挨拶
(2日目)
   講演・見学会
 

<平成21(2009)年度:第四回研究会>

開 催 日 時:平成21年12月11日(金)   13:30~17:20

場      所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 研究交流棟3F会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:

1. 開会挨拶
2. 講演
3. 次回の予定、閉会
4. 交流会


<平成21(2009)年度:第五回研究会>

第12回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

開 催 日 時:平成22年2月26日(金)   9:50~17:20

場      所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp
プログラム:

 9:50-10:00 開会の挨拶 大森 整 会長

10:00 - 10:45 第2回岩木賞贈呈式
 審査委員長
 NPO PEN
 受賞者

10:45 - 11:45 記念講演1

11:45 - 12:45 休憩・昼食

12:45 - 14:15 記念講演2

14:15 - 15:15 記念講演3

15:15 - 15:45 コーヒーブレイク

15:45 - 16:15 会員講演1

16:15 - 16:45 会員講演2

16:45 - 17:15 会員講演3

17:15 - 17:20 閉会の挨拶
 仁平宣弘 副会長/熊谷 泰 副会長

17:30-19:30 岩木賞受賞パーティー・交流会


<H20(2008)年度以前の活動実績>

◆H20(2008)年度活動実績:第一回研究会(6月6日)、第二回研究会(7月24日:第一回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於東京)、第三回研究会(11月13~14日:九州地域視察研究会)、第四回研究会(12月12日)、第五回研究会(平成21年2月27日:第一回岩木賞、第11回シンポジウム)

<平成20(2008)年度:第一回研究会>

開 催 日 時:平成20年6月6日(金)   13:30~17:30

場      所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 研究交流棟3F会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:

1. 開会挨拶

2. 特別講演

  「最近の金型用超硬合金について」

  冨士ダイス株式会社 秦野工場 研究開発部 神田正樹 氏

3. 総会

 ・ 平成19年度活動報告

 ・ 平成19年度会計報告

 ・ 平成20年度役員選出

 ・ 平成20年度活動計画
 
4. 次回の予定、その他

<平成20(2008)年度:第二回研究会> 

第一回『トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

開 催 日 時:平成20年7月24日(木)   13:30~17:00

場      所:関西大学 東京センター サピアタワー9F

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所
        大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内    容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会
        会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

1. 開催挨拶 13:30-13:45

① トライボコーティング技術研究会  会長 大森 整

② ドライコーティング研究会  山田 猛 氏

③ 関西大学  杉本隆史 氏

2. 研究会紹介 13:45-14:25

① トライボコーティング技術研究会  副会長 熊谷 泰

              【コーヒーブレイク】

② ドライコーティング研究会  白沢 秀則 氏

③ 関西大学  杉本隆史 氏

3. 講演 14:25-17:00 

①「DLCの最新の適応技術/軟質材料への展開,摩擦摩耗特性など」

  神奈川県産業技術センター トライボロジー専門研究員 加納 眞 氏

②「新しい窒化法/アクティブスクリーンプラズマ窒化について」

  関西大学 准教授 西本 明生 氏

③「AD法による常温衝撃固化現象の発見とデバイス展開」

  産業技術総合研究所 グループリーダー 明渡 純 氏
 
4. 閉会挨拶 17:00-17:15 

第三回 2008年11月13日(木)~14日(金)> 於 九州大学、九州池上金型 盛会裡に終了致しました。

<第四回 2008年12月12日(金)> 於 理化学研究所 研究交流棟3F 会議室 盛会裡に終了致しました。

<第五回 2009年2月27日(金)> 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール 盛会裡に終了致しました。


◆H19(2007)年度活動実績:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(7月20日)、第三回研究会(10月25~26日:山形地域視察研究会)、第四回研究会(12月14日)、第五回研究会(平成20年2月29日:第10回シンポジウム)

 第一回 2007年6月1日(金) 於 理化学研究所 研究本館5F 会議室

  「トライボロジーを活用した材料及び製品の開発-産学官連携による新産業の創出を目指して-」

  東北大学大学院機械システムデザイン工学専攻

  堀切川一男氏

 第二回 2007年7月20日(金) 於 東京都産業技術研究センター・西が丘本館南棟4F 第4会議室

  ①「薄膜センサによるエンジンしゅう動部の圧力・ひずみ・温度の計測技術」

   武蔵工業大学工学部 機械工学科 三原 雄司氏

  ②「DLC保護膜の耐食・耐摩耗特性」

   東京大学大学院工学系研究機械工学専攻 表面機能工学研究室 崔 埈豪氏

 第三回 2007年10月25日(木)~26日(金)

  1日目

   (株)片桐製作所(精密冷間鍛造成形メーカー)

  2日目

   ミクロン精密(株)(芯なし研削盤及び内面研削盤メーカー)

 第四回 2007年12月14日(金) 於 理化学研究所 研究交流棟3F 会議室

  ① 「Tribology of DLC:Industrial Applications and Scientific」
    日本アイ・ティ・エフ㈱技術部 部長補佐 中東孝浩氏
  ② 「膜中の水素含有量を変化させた新規ナノ炭素膜の特性」
    石川県工業試験場機械金属部 専門研究員 安井治之氏
  企業紹介
    スルザーメテコジャパン㈱ 営業部 稲垣 力氏
    「メタプラス社の概要および皮膜の特徴」

 第五回 2008年2月29日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第10回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

     ① 「a-CNx膜の超低摩擦現象の基礎と応用 」 

         名古屋大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻機械科学分野  梅原徳次 氏

  ② 「F1レースエンジンにおける表面技術」

    本田技術研究所  星雅巳様 氏

  ③ 「ナノダイヤモンドコロイドの潤滑特性と工学的応用 」 

     理化学研究所 大森素形材工学研究室 加藤 照子 氏   

  ④会員講演
     ナノフィルムテクノロジーズジャパン 他力誠司 氏
     フジタ技研 岡崎健一 氏
        不二越 安岡 学 氏
        東京都立産業技術研究センター 川口雅弘 氏


◆H18(2006)年度活動実績:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(8月3日)、第三回研究会(10月20日)、第四回研究会(11月30日~12月1日)、第五回研究会(平成19年3月2日:第9回シンポジウム)

 第一回 2006年6月1日(木) 於 理化学研究所大河内記念ホール

  ナノテック㈱

   平塚傑工氏 

   「薄膜評価試験の国際規格について」 

 
  企業紹介

  ・インターフェイス

  ・東京都立産業技術研究センター

 第二回 2006年8月3日(木) 於 東京都産業技術研究センター

  ①東京大学

   加藤孝久氏

   「ハードディスク用潤滑膜のナノトライボロジー特性」 

  ②産業技術総合研究所デジタルものづくり研究センター

   廣瀬伸吾氏

   「PVD・CVDデータベースの構築と企業支援」   

  企業紹介

  ・アーレスティ

 第三回 2006年10月20日(金) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

  ①理化学研究所

   渡邉 裕氏

   「理研発VCADシステムと超精密機械加工技術」

  ②豊橋技術科学大学 電気・電子工学系

   滝川浩史氏

   「ツインソースフィルタードアーク蒸着装置の開発」

 第四回 2006年11月30日(木)~12月1日(金)

  1日目

   ・島根県工業技術センター 

   ・日立金属 

    表面改質センター 井上氏

    「AIP関連」

 
  2日目

   ・鳥取県熱処理協業組合

 第五回 2007年3月2日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第9回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

  ①NASAグレン研究センターシニア研究科学者/技術者,

   日本工業大学先端材料技術研究センター長

   三好和壽氏

   「NASAの航空宇宙開発とトライボロジーの役割」


  ②理化学研究所 先端技術開発支援センター先任研究員

   鈴木嘉昭氏

   「イオンビーム照射技術を用いた高度医療デバイスの作成」


  ③オーエスジー㈱ R&Dセンター主任研究員

   村上良彦氏

   「コーティング切削工具の現状と将来」


◆H17(2005)年度活動実績:第一回研究会(6月9日)、第二回研究会(7月22日)、第三回研究会(10月20~21日:北陸地域視察研究会)、第四回研究会(12月2日)、第五回研究会(平成18年3月3日:第8回シンポジウム)

 第一回 2005年6月9日(木) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

  理化学研究所 先端技術開発支援センター 

  佐々木道子氏

   「Ti-DLC膜の真空環境におけるトライボロジー」

  
  企業紹介

  ・タイヘイテクノサービス 

  ・ジオマテック

  ・仁平技術士事務所

  ・ナノコート・ティーエス

 第二回 2005年7月22日(金) 於 東京都中小企業振興公社・城南地域中小企業振興センター(大田区産業プラザ)

  ①日産自動車㈱材料技術部

   馬渕 豊氏

   「DLCバルブリフターの開発」

  ②東京工業大学大学院 理工学研究科 創形力学分野 助教授

   大竹 尚登氏

   「DLC関連」

  ナノテクノロジーセンタ-見学

 第三回 2005年10月20日(木)~21日(金)

  1日目

   北陸先端大

   松村英樹氏 講演&見学

   「Cat-CVD」

   2日目

   金沢工業大学

   作道訓之氏 講演&見学

   「プラズマ」

   石川工業試験場

   粟津薫氏 講演&見学

   「表面処理」

 第四回 2005年12月2日(金) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

  ①K.DLC(Korea. DLC) (韓国・果川) 社長

   金 顯九氏

   「韓国におけるPVDコーティング事情」                

  ②冠栄科技股分有限公司 (台湾・台南) 社長

   潘 緄玉氏

   「台湾におけるPVDコーティング事情」

  ③日本金泰株式会社(中国・長春) 代表取締役社長

   畢 凱氏

   「中国におけるPVDコーティング事情」

 第五回 2006年3月3日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第8回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

   ①元大同メタル工業㈱ 取締役

    丹羽小三郎氏

    「自動車用エンジン軸受の50年の歩み 」

   ②豊田中央研究所 金属基盤研究室

    森広行氏

    「直流プラズマCVD法によるDLC-Si成膜技術の開発とその応用 」 

   ・理化学研究所 小林氏

   ・神港精機 寺山氏

   ・トーヨーエイテック 岡本氏

   ・同和鉱業 鈴木氏

   ・仁平技術士事務所 仁平氏


◆H16(2004)年度活動実績:第一回研究会(6月17日)、第二回研究会(7月23日)、第三回研究会(10月21~22日:東北地域視察研究会)、第四回研究会(12月3日)、第五回研究会(平成17年3月2日:第7回シンポジウム)

 第一回 2004年6月17日(木) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議場

  理化学研究所 先端技術開発支援センター 

   浜垣 学氏「電子ビーム励起プラズマ(EBEP)の研究開発」

 第二回 2004年7月23日(金) 於 東京都立産業技術研究所

  ①日本バルザース㈱ プロダクトマネージャー

   金森高司氏

   「カーボン系コーティングとエンジン設計」 

  ②トーヨーエイテック㈱ 表面処理本部 主幹

   小川順二氏

   「硬質薄膜の開発トレンド」 

  ③オリエンタルエンジニアリング㈱ 研究開発本部 部長 河田一喜氏

   「真空浸炭炉による表面改質」

 第三回 2004年10月21日(木)~22日

  1日目

   岩手大学工学部金型技術研究センター見学後、講演

   岩手大学教授 岩渕 明氏

   「アイエヌエスいわて金型研究について」


 2日目

  株式会社ベスト見学 

 第四回 2004年12月3日(金) 於 理化学研究所 大河内記念ホール

  理化学研究所 先端技術開発支援センター アドバンストエンジニアリングチーム副チームリーダー

   高橋一郎氏

   「高速ミーリング」

   山澤建二氏

   「ラピッドプロトタイピング」

   洲之内啓氏

   「フェムト秒レーザー」

 
  装置見学

 第五回 2005年3月2日(水) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第7回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

   ①㈱デンソー 特別顧問

    石丸典生氏

    「21世紀 科学技術者の務め」

   ② ㈱デンソー 材料技術部 第6材料技術室 室長

    村上洋一氏

    「ミクロ解析技術による自動車用しゅう動部品の高性能化」 

   ・理化学研究所 片平氏

   ・日本電子工業 舟木氏

   ・アイ・シィ・エス 鈴木氏

   ・オリエンタルエンヂニアリング 河田氏

   ・東京都立産技研 森河氏


◆H15(2003)年度活動実績:第一回研究会(5月29日)、第二回研究会(8月1日)、第三回研究会(10月2~3日:群馬地域視察研究会)、第四回研究会(12月5日)、第五回研究会(平成16年3月4日:第6回シンポジウム)

第一回 2003年5月29日(木) 於 東京都立産業技術研究所

  ①パーカー熱処理工業㈱

   星野新一氏

  ②清水電設㈱ 

   矢野嘉伸氏

  ③丸菱エンジニアリング㈱

   五十嵐英夫氏

  ④国際会議報告(ICMCTF)

第二回 2003年8月1日(金) 於 東葛テクノプラザ

  ① ㈱浅沼技研 代表取締役

   浅沼 進氏

  ②ナノテック㈱ 表面分析センター長

   角谷 透氏

  ③東葛テクノプラザ施設見学

第三回 2003年10月2日(木)~3日(金) 於 群馬産業技術センター 

  1日目

   ㈱ミツバ新里工場見学

  2日目

   群馬県立群馬産業技術センター見学

第四回 2003年12月5日(金) 於 東京都立産業技術研究所

  科学技術振興機構

   岩村栄治氏

   「アモルファス膜からハイブリッド構造膜へ:新しい形態のカーボン膜の創成」

 第五回 2004年3月4日(木) 於 北とぴあ つつじホール

第6回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

   ①日産自動車㈱総合研究所 保田芳輝氏

    「エンジン部品における低フリクションコーティング技術」

   ②本田技術研究所取り技研究所 萩原秀実氏

    「微粒子衝突法によるエンジン部品の表面改質」

   ・リケン 関谷氏

   ・日本テクノ 野口氏

   ・住友電工ハードメタル福井氏

   ・カヤバ工業 加藤氏

   ・ナノテック 中森氏

   ・日本電子工業 伊藤氏

   ・日本コーティングセンター 川名氏




  (c)2007-2017 All rights reserved.



Comments