デイ1スタートとサンデースタート

ピルの服用開始日による分類~DAY1 START & SUNDAY START

  • デイワンスタート(DAY1 START)タイプ⇒月経開始日から飲み始める方法
  • サンデースタート(SUNDAY START)タイプ⇒月経開始後、最初の日曜日から飲み始める方法

開始日のタイプ別・ピルの一覧表

  • EE:Ethinylestradiol=エチニルエストラジオール
  • NET:Norethisterone=ノルエチステロン
  • LNG:Levonorgestrel=レボノルゲストレル
  • DSG:Desogestorel=デソゲストレル

低用量ピルと生理が始まる日の関係

ピルは、28日間を1サイクルとして使う、避妊薬です。

月曜日から服薬を開始すれば、日曜日に1サイクル(一周)が終わります。

  • 28錠タイプは、4週間の間、毎日服薬します
  • 21錠タイプは、4週目の7日間は、服薬はしません

ピルの効果で、女性の身体は、人工的な生理周期に従うようになり、生理のサイクルは4週28日という、規則正しいサイクルになってきます。

結果、生理が始まる曜日も、同じ曜日になってきます。

通常は、ピルを始めて28日経過すると、その2~3日後から生理が始まります。

ここで言う”生理”とは、実際には”消退出血”のことですけど・・・

消退出血とは?~生理の出血との違い

例えば、月曜日にピルをスタートすると、最後の日は日曜日になり、生理は水曜日か木曜日に始まります。

もし、日曜日からスタートすると、生理は火曜日~水曜日になりますが、月曜日はセックスをすると、出血する可能性があります。

低用量ピルは生理初日から飲まないと効果が出ないの?

本来、ピルは、生理の1日目から飲み始めます。

でも、生理になって欲しくない曜日から飲み始めるという方法もあります。

  • 生理初日からの服用の場合⇒その日から効果が出る
  • 生理2日~7日目からの服用の場合⇒2週間くらいは効果が見込めない

どちらの場合も、毎日同じ時間に忘れずに薬を飲むことが大切です。

それによって避妊が確実になるだけでなく、不正出血も防ぐことができます。

サンデースタートピル(SUNDAY START PILL)

サンデースタートピルは、月経後、最初の日曜日から服用を開始するピルです。

  • 週末は、彼とお泊りなので、出血は避けたい
  • 日曜日にエッチの予定がある
  • デートとか、旅行とか、結婚式や披露宴の出席とか、受験とか・・・

日曜日に生理が始まってしまうと困ることは、結構あるんですね。

それを避ける目的で考えられたのが、サンデースタートです。

~ 日曜日に生理が始まると困ってしまうなら、日曜日からピルを始める ~

本来、ピルは、生理の1日目から飲み始めます。

でも、生理が始まって初めての日曜日から飲み始めると、生理日を週末に当たらないように出来るのです。

この方法だと、4週目の火曜日頃から生理(正確には消退出血)が始まり、金曜日くらいには終わるので、デート、旅行、スポーツなどを楽しみたいという女性は、土曜・日曜の週末に、生理日が重ならなくなります。

サンデースタートのデメリット・弱点

例えば、水曜日に生理が始まったとすると、サンデースタートの場合、生理3日目からの服薬になります。

ピルは、生理初日から飲み始めないと、1週間位は避妊効果が期待できません。

その間は、必ず別の避妊方法を併用して下さい。

この2週間に避妊に失敗すると、妊娠の危険が高まります。

サンデースタートピルには、ノリニールとシンフェーズがあります。

どちらも三相性の低用量ピルで、28錠のタイプのみになります。

間違って飲まないように、錠剤一粒ごとに、服薬の曜日が決められ、パッケージに書かれています。

サンデースタートピルの使用方法・飲み忘れ等の注意事項

  • 月経が始まった後、最初の日曜日から飲み始めます。
  • 服用開始後、最初の1週間は、コンドーム等他の避妊法を併用してください。
  • ピルは、毎日同じ時間に飲むことが大切です。
  • 忘れずにきちんと服薬することで、避妊が確実になり、不正出血も防ぐことができます。
  • 自然の生理周期に合わせて、女性ホルモンの配合を変えているので、指定された順番に、毎日1錠ずつ28日間服用します。
  • ⇒ただし、『4週目=最終週』の7日間は『プラセボ=偽薬』なので、忘れても大丈夫です。
  • 2周期目(1周期開始29日目から)は、月経の有無にかかわらず、1周期目と同様に服用します。
  • 飲み忘れが1日だけなら、気付いた時点で飲み忘れた1錠を服用し、さらにその日の分も通常どおりに服用してください。
  • ⇒つまり、その日は2錠服用することになります。
  • 2日以上連続して飲み忘れた場合は、服用を中止し、次の月経(生理)を待って、新しいシートで再び服用を開始してください。
  • ⇒この場合は妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。

デイワンスタートピル(DAY1 START PILL)

本来、ピルは、生理の1日目から飲み始めることで、避妊効果を発揮します。

day1スタートピルは、生理開始初日から飲み始めるタイプのピルです。

毎月、同じ週の同じ曜日に生理が来るので、大事な用事に生理がぶつからないように、スケジュールの調節がしやすくなります。

デイワンスタートピルには マーベロン、オーソ、アンジュ、トリキュラーがあります。

ただし、サンデースタートピルと同じように、服薬開始日を調整することで、週末に生理日がかからないようにすることも可能なので、生理から7日以内のいつからスタートしてもかまいません。

デイワンスタートピルの使用方法・飲み忘れ等の注意事項

月経の初日から服用を始めるピルです。

デイ1スタートピルには、1シート21錠のタイプと、28錠のタイプがあります。

21錠タイプと28錠タイプの違い

  • 21錠タイプのピルの場合(休薬機関ありのタイプ)
  • ⇒1日1錠21日間飲みきった後、7日間服用を休んで、29日目から2シート目の服用を開始します。
  • 28錠タイプのピルの場合(休薬機関なしのタイプ)
  • ⇒休まずに服用して、28錠を飲みきった翌日から、2シート目の服用を開始します。
  • 最後の7錠は「偽薬=プラセボ」と言って、女性ホルモンが含まれていない錠剤(プラセボ錠)なので、実際には休薬しているのと同じですが、毎日服用する習慣をつけることで、ピルの飲み忘れを防ぐ効果があります。

~ どちらのタイプでも、女性ホルモン入りの錠剤を飲まない最後の週の7日間の休薬期間に出血があります ~

  • 月経が始まった当日から、飲み始めます。 ピルを始めたその日から避妊効果が出るので、他の避妊方法との併用は不要です。
  • ピルは、毎日同じ時間に飲むことが大切です。
  • 忘れずにきちんと服薬することで、避妊が確実になり、不正出血も防ぐことができます。
  • 三相性ピルの場合、自然の生理周期に合わせて、錠剤ごとに女性ホルモンの配合を変えているので、指定された順番に服用します。
  • ⇒ただし、『4週目=最終週』の7日間は『プラセボ=偽薬』なので、忘れても大丈夫です。
  • 2周期目(1周期開始29日目から)は、月経の有無にかかわらず、1周期目と同様に服用します。
  • 飲み忘れが1日だけなら、気付いた時点で飲み忘れた1錠を服用し、さらにその日の分も通常どおりに服用してください。
  • ⇒つまり、その日は2錠服用することになります。
  • 2日以上連続して飲み忘れた場合は、服用を中止し、次の月経(生理)を待って、新しいシートで再び服用を開始してください。
  • ⇒この場合は妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。