月経困難症の原因と治療方法~低用量ピルの効果

月経困難症(げっけいこんなんしょう)とはどんな病気?

月経困難症とは、生理期間中に生理にともなって起こる病的な症状です。

「起き上がることができない」、「学校や会社を休まざるをえない」、「家事ができない」など、

日常生活に支障が生じ、治療が必要な状態になった場合を、『月経困難症』と呼び、

一般的な月経痛(生理痛)とは、区別されます。

症状は、月経に伴う下腹部痛、腰痛、頭痛、下痢、発熱、悪心(おしん)、嘔吐などですが、

一般的に生理痛と呼ばれるもの以外にも、おなかの張り、吐き気、疲労、脱力感、食欲不振、イライラ、憂うつなどの症状で悩む女性も多く見られます。

月経困難症には2種類あります。

  • 機能性(きのうせい)月経困難症=原発性(げんぱつせい)月経困難症とも呼ばれます。
  • 器質性(きしつせい)月経困難症=続発性(ぞくはつせい)月経困難症ともよばれます。

頻度は機能性が75%、器質性が25%と言われています。

思春期月経困難症のほとんどが、機能性月経困難症ですが、月経に対する不安や緊張などの心理的要因の関与も否定できないとされています。

また、近年の中・高校生の性交経験率は増加しており、クラミジア感染の頻度は高く、性感染症に伴う月経困難症や、また従来10歳代では稀と考えられていた、子宮内膜症による器質性月経困難症も増加しています。

機能性月経困難症(原発性月経困難症)

機能性の月経困難症で苦しむ女性は、子宮内膜より産生されるプロスタグランジンが多いことが報告されています。

多量に分泌されたプロスタグランジンが、子宮筋を過度に収縮させたり、血管の攣縮(れんしゅく:けいれん性の収縮)や子宮筋の虚血などを引き起こすことによって、激しい痛み等の症状が発生すると推測されています。

また、子宮や卵巣が未成熟であったり、冷えやストレスなども原因と考えられてもいます。

思春期から20代前半に多くみられます。

  • 機能性月経困難症では、月経周期の中の、卵子が放出される時期にだけ痛みがあります。
  • 特定の疾患や病気が原因で、症状が起きるわけではありません。

プロスタグランジン(ProstaGlandin:PG)

プロスタグランジンとは、生理活性物質のひとつで、月経時に子宮内膜で作られ、ホルモンに似た働きをします。

具体的には、全身の平滑筋(へいかつきん)を収縮させて、頭痛・嘔吐などを引き起こします。

特に、局所においては、生理の血液を排出するために、子宮の収縮を促したり、血流を減少させたりします。

その際、子宮の過剰収縮による疼痛を引き起こします。

機能性月経困難症で悩む女性は、プロスタグランジンが通常よりも多く産生されていて、

プロスタグランジン値が高くなっています。

器質性月経困難症(続発性月経困難症)

器質性月経困難症の原因には、

  • 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)
  • 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
  • 子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)
  • 骨盤内うっ血症候群(こつばんないうっけつしょうこうぐん)
  • 骨盤内感染症(こつばんないかんせんしょう)

などの疾患があります。

その他、卵管の炎症、腹部臓器間の癒着(線維組織の異常結合)など、他の病気による腹部の痛みが月経中に悪化することもあります。

子宮頸部が狭くなっている女性では、月経血が通ると痛みが生じることも、まれにあります。

子宮頸部は、生まれつきの子宮発育不全や奇形だったり、ポリープの切除や、子宮頸部の前癌状態(異形成)、または、癌の治療によっても狭くなります。

また、月経痛は成長と共にだんだん弱くなって消失することが多いのですが、10代・20代の若い女子では、月経への不安や緊張などの心理的要因も大きく影響します。

  • 器質性月経困難症は、生理期間以外にも痛みが生じることがあります。
  • 症状の原因となる特定の疾患・病気が存在します。

治療方法:機能性月経困難症の治し方

鎮痛剤には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を用います。

NSAIDsには、PG(プロスタグランジン)の合成阻害作用があります。

簡単に言えば、末梢でプロスタグランジンが作られることを、邪魔してくれるのです。

プロスタグランジンの合成阻害作用を持つ、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)には

ポンタール、ロキソニン、ボルタレン等があります。

月経痛の強さによって、軽い順から

  1. サリチル酸系のアスピリン・バファリン
  2. プロピオン酸系のロソキソニン
  3. アリール酸系のボルタレン
  4. フェナム酸系のポンタール

を、使用します。

毎回、月経が始まるたびに激しい痛みが出現する場合には、月経開始と同時、あるいは、月経開始の予兆が出現したらすぐにでもNSAIDsを使用する方が、プロスタグランジンの産生が早く抑制されるため、効果が高くなります。

また、子宮や骨盤内の血流を良くすることが、月経痛の軽減につながります。

その他、漢方薬が有効な場合もあります。

低用量ピルによる症状の改善

症状が激しい、重度の機能性月経困難症では、約30%の女性が、鎮痛薬では楽にならず、

低用量ピルの投与により、月経量を減らすことで症状が改善することが多いようです。

販売されている低用量ピル一覧

月経痛は我慢しては、だめですよ。

代表的な非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

非ステロイド性抗炎症薬

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)とは、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。

一般的には、疼痛、発熱の治療に使用される“解熱鎮痛薬”と、ほぼ同義語として用いられ、

  • ピリン系NSAIDs
  • 非ピリン系NSAIDs

があります。

治療方法:器質性月経困難症の治し方

症状がなかなか良くならない、それどころか、どんどん悪くなっている時には、なにか、他の病気が原因かもしれません。

器質的疾患が原因の場合は、まず、その疾患の治療を行います。

なるべく早く、婦人科で相談をしましょう。

また、低用量ピルは、器質的疾患を伴う場合にも有効なことが多いようです。

手術療法としては、腹腔鏡を使った仙骨子宮靭帯(せんこつしきゅうじんたい)切断により靭帯内の求心性(きゅうしんせい)神経を切断する方法や、仙骨前面の神経叢(そう)を切断する方法もあります。

また、子宮全摘術や卵巣摘除術が、必要になることもあります。

なお、心理的要因が考えられる場合は、月経をネガティブに考えないような指導やカウンセリングが有効で、時に精神安定剤を使うこともあります。

最適な精神薬のネット通販~不安で眠れないアナタへ

検査方法:月経困難症の調べ方

月経困難症の検査では、問診、尿検査、血液検査、血圧測定、内診、超音波検査などを行います。

  • 問診
  • 自覚症状、月経の状態、月経の周期、初経の年齢、性体験・妊娠・出産・流産・中絶経験の有無、既往症(過去にかかった病気)、現在服用中の薬等について、質問されます。
  • 尿検査
  • ホルモンの状態や排卵の有無などを調べます。
  • 血液検査
  • ホルモンの状態や子宮・卵巣の腫瘍などを調べます。
  • 血圧測定
  • ホルモンの状態や貧血の有無などを調べます。
  • 内診
  • 膣内や子宮の入口の状態などを調べます。
  • 超音波検査
  • 超音波を出す機械で体内の様子を画像にして調べます。
  • MRI検査
  • 磁気を利用した装置で体内の様子を詳細な画像にして調べます。器質性(続発性)月経困難症と思われる場合に行われます。
  • CT検査
  • X線を利用した装置で体内の様子を詳細な画像にして調べます。器質性(続発性)月経困難症と思われる場合に行われます。

月経困難症が疑われる症状

  • 生理のとき、痛み止めが必要となる
  • 生理痛が、だんだんひどくなってきた
  • 生理のときに家事や仕事、勉強など、普段の生活ができないような痛みがある
  • 生理のとき以外にも腰痛や下腹部痛がある
  • 排便やセックスの時にも痛みがある
  • 市販の痛み止め程度では効果がない
  • 痛みで座り込んだり、横になったりしてしまう
  • 激しい痛みが長く続く
  • 頭痛や吐き気があり、頭がぼうっとして思考能力がなくなってしまう
  • ひどい痛みで食欲がなくなる