生理痛の仕組み~プロスタグランジン

プロスタグランジンとは、生理活性物質のひとつで、月経時に子宮内膜で作られ、ホルモンに似た働きをします。

具体的には、全身の平滑筋(へいかつきん)を収縮させて、頭痛・嘔吐などを引き起こします。

特に、局所においては、生理の血液を排出するために、子宮の収縮を促したり、血流を減少させたりします。

その際、子宮の過剰収縮による疼痛を引き起こします。

機能性月経困難症で悩む女性は、プロスタグランジンが通常よりも多く産生されていて、

プロスタグランジン値が高くなっています。

妊娠成立には、まず卵胞が成熟しなければいけません。このときのシグナルは脳に存在する視床下部からスタートします。視床下部からホルモンが放出された後、いくつかの段階を経て卵巣を刺激します。これがきっかけとなり、卵胞の成熟が始まります。

ある程度まで卵胞が成熟すると、卵胞はエストロゲンを分泌します。このときのエストロゲンが合図となり、卵胞の成熟が止まります。

また、同時にプロゲステロンが作られるようになります。プロゲステロンは生理周期の後半で重要な働きをする物質であり、子宮内膜の増殖・維持に関わっています。その後、妊娠しなければ子宮内膜は剥がれ落ちます。これがいわゆる生理であり、月経ともいわれます。このときに生じる痛みが生理痛(月経困難症)です。

そこで、あらかじめエストロゲンやプロゲステロンとして作用する物質を投与しておきます。体内に微量の女性ホルモンがあるとき、脳は「既に卵胞が成熟している」と勘違いしてしまいます。その結果、卵胞の成熟や子宮内膜の増殖が抑制されます。これが生理痛の軽減に繋がります。

このような考えにより、薬として女性ホルモンを投与することで妊娠の準備を抑え、生理痛(月経困難症)による痛みを抑制する薬がエチニルエストラジオール、ノルエチステロンです。

エチニルエストラジオール、ノルエチステロンの特徴(ルナベル)

月経が起こるとき、大量の「痛み物質」が放出されます。このときの「痛み物質」を専門用語でプロスタグランジンといいます。

子宮内膜の増殖に従い、「痛み物質」の量も多くなります。そこでエチニルエストラジオール、ノルエチステロンの投与によって卵胞の成熟や子宮内膜の増殖を抑えれば、「痛み物質」は作られなくなります。これにより、子宮収縮などによる痛みを軽減できます。

生理痛では、下腹部痛や腰痛などを生じます。それだけでなく、頭痛や吐き気、イライラ、憂うつ症状などを伴うことがあります。生理痛を改善すれば、これら周辺症状まで治療できます。

また、子宮内腔以外の場所で子宮内膜やそれに似たものができてしまう病気を「子宮内膜症」といいます。エチニルエストラジオール、ノルエチステロンは子宮内膜の増殖を抑えるため、薬の投与によって子宮内膜症を改善させることもできます。

エストロゲンとプロゲステロンの両方を組み合わせた薬を一般的にピルといいます。エチニルエストラジオール、ノルエチステロンは低用量ピルと呼ばれ、有効成分の含有量をできるだけ少なくしています。

ただ、有効成分を少なくして副作用の軽減を図っているとはいっても、薬である以上は副作用にも注意が必要です。主な副作用としては、不正出血(月経以外に起こる子宮などからの出血)、悪心、頭痛、希発月経、上腹部痛、乳房不快感、月経過多などが知られています。

薬を服用するとき、21日間連続で服用します。その後、7日間の休薬期間を設けます。休薬期間の間に生理が終わり、再び生理が始まります。ずっと薬を服用し続けるのではなく、休薬期間によって生体が適切なリズムを刻むように調節するのです。29日目からは、再び薬の服用を開始します。

このような特徴により、排卵を抑えることで卵巣や子宮を休ませ、生理痛(月経困難症)や子宮内膜症などの症状を改善する薬がエチニルエストラジオール、ノルエチステロンです。