第一世代ピル

第1世代ピル(だいいちせだいぴる):The First Generation Contraceptives

第1世代は、1960年代に開発された、【合成黄体ホルモン=ノルエチステロン:NET】を使用した低用量ピルです。

エストロゲン作用としては、【合成卵胞ホルモン=エチニルエストラジオール:EE】が使用されます。

第一世代の低用量ピルの特徴

ノルエチステロンは、黄体ホルモンとしての作用が弱いので、錠剤への含有量が多くなっています。

ノルエチステロンは、強くはありませんが、アンドロゲン作用とエストロゲン作用も持っています。

第一世代ピルの黄体ホルモン剤は作用が弱いので多くのエストローゲンの助けを借りていました。

排卵を抑えることで卵巣や子宮を休ませ、生理痛(月経困難症)や子宮内膜症などの症状を改善する薬としても、使われます。

第一世代のピルは、黄体ホルモンが多く、卵胞ホルモンは少ないので、アンドロゲン(男性ホルモン)を活発にする作用も減少します。

第1世代のピルは、子宮内膜の発育を抑制する作用があり、月経量が減るといわれます。

気持ちを安定させる作用もあり、PMS緩和にも効果が期待できるといわれています。

PMS(月経前症候群)について

世代別プロゲスチンの作用比較表

現在発売されているピルの中で、オーソM・ルナベル・オーソ777・シンフェーズ・ノリニールが該当します。

販売されている第一世代の低用量ピル

  • シンフェーズ
  • ノリニール
  • オーソM
  • オーソ777

シンフェーズとノリニールは、製造会社が違うだけで、中身は同じピルです。

含有量の単位は=mg(ミリグラム)です。

ノリディは卵胞ホルモンのエストロゲンを含まない経口避妊薬です。

黄体ホルモンのプロゲスチンのみを含むミニピルです。

そのため、喫煙をする方、授乳中の方、血栓症、高血圧、片頭痛のある方も安心して使用できます。

通常のピルは21日間のんで7日間休むといった28日周期にて服用しますが、当商品は毎日同じ量を摂取する事が出来るのが特徴です。

注意点としては持続時間が25時間と短い点です。 服用時間が決まった時間より大幅にずれてしまった場合、避妊効果が無くなってしまいます。

下記の作用によって妊娠を阻害します。

①膣内の粘膜を濃くし、精子の到達を阻害します。

②子宮内膜の質を変え、着床を妨げます。

③卵子の放出を防ぎます。

51

52

81

82

31

32

61

62

91

92

ノリディ(Noriday)

内容量:1シート28錠

3シート=2,942円($24.02)

6シート=4,904円($40.03)

◆成分

酢酸ノルエチステロン/ノルエチステロン(Norethisterone 350mcg)

メーカー:Pfizer

医薬品個人輸入代行オオサカ堂

41

42

7

72

ピルの分類・種類・タイプ

◆効果

毎日決まった時間に経口服用することで、高い避妊効果が得られます。

◆用法

以下は一般的な成人への投与例です。服用にあたっては、必ず医師の診断を仰いでください。

1日1錠を生理の開始日から毎日決まった時間に経口服用します。

(生理中も服用する必要があります)

シートに曜日が印刷されていますので、服用開始日の曜日分から服用すると、飲み忘れの防止となります。

服用の開始から7日間は、コンドーム等の避妊をしてください。

◆副作用

発疹、胃の痙攣、倦怠感、食欲の変化、口渇、頭痛、下痢、腹痛、乳房痛、眠気、熱感等が報告されています。

上記以外にも異常を感じた場合には使用を中断し医師の診察を受けてください。

第1世代、第2世代の低用量ピルは、さらに女性ホルモンの配合の仕方によって、2つの種類に分類されます。

女性ホルモンとは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。

1相性のピルを飲む場合、服用中、ずっとこの2つのホルモンの割合が変わらないピルを飲むことになります。

3相性のピルを飲む場合、一周期のうち、ホルモンの配合比が3段階に分かれたピルを飲むことになります。

また、世代別の分類の他に、「相性」と呼ばれる分類方法があります。

これは、錠剤一つ一つに配合されているホルモンの量によって分けられるものです。

1シートの錠剤すべてが同じホルモンの配合量になっているものは

「1相性」、1シートの錠剤の中で、配合量が3段階に分かれているものを「3相性」と呼びます。

シンフェーズ28は3相性で、実薬の後半5日間は黄体ホルモンの量が減るという特徴があります。

ルナベルは、成分がオーソMと同じの1相性のピルで、月経困難症の治療薬としても使用されている健康保険が適用される薬です。

オーソMは1相性、オーソ777は3相性で、成分は同じですが、錠剤への黄体ホルモンの配合量に違いがあります。

オーソ777は、オーソMよりニキビができにくく、むくみも少ないといわれています。