天然ホルモン補充療法

ホルモンバランスの乱れによる影響は、思春期や更年期に顕著ですが、あらゆる年齢で起こる可能性があります。

ホルモンバランスの異常は、

月経不順、月経前症候群、早発閉経、プレ更年期症状、更年期症状、副腎疲労症候群等を引き起こします。

多くの場合、天然ホルモン補充療法がこれらの症状の予防や改善になるのです。

卵巣で分泌されるホルモンの代表的なものは、エストロゲン、プロゲステロン、テストステロンです。

エストロゲンとプロゲステロンは月経サイクルの調整に関与しています。

天然ホルモンと合成ホルモン

天然ホルモンとは、体内で作り出されるホルモンと同じ分子構造を持つものをいいます。

合成ホルモンは、体内で作りだされるホルモンとは異なった分子構造を持っているため、受容体に結合することが難しく、予測された効果が得られない場合があります。

天然ホルモンを補充すると、我々の身体はすぐにそれと認識できるので、ホルモンは各細胞に命令を与える役割の受容体にしっかり結合することができます。

天然ホルモンは、ホルモン低下に由来する症状やあらゆる健康のトラブルに安全に使用することができます。

合成ホルモンは、体内で作りだされるホルモンとは異なった分子構造を持っているため、受容体に結合することが難しく、予測された効果が得られない場合があります。

多くの疾患は、ホルモンの低下やバランス異常から起こるとされています。

ホルモンバランスが崩れれば、それだけ症状もひどくなっていきます。

バランスを失った時に、慢性疾患や様々な不調を誘発します。

ホルモン濃度をうまく調整できれば健康レベルもさらに向上します。

”ホルモンバランス”は健康のキーワードです。

理想的なホルモンバランスは身体を健康にし、また、それを体感することができるのです。

天然ホルモンは、さまざまな面で若さを再認識させてくれます。

天然プロゲステロンクリーム補充療法

天然プロゲステロンの補充方法には様々な方法がありますが、最も手軽で簡単、効率的な方法は経皮クリームです。

自然由来のものを原料としており安全で効果的ですが、個人の判断で使用することはホルモンバランスを悪化させることになりかねません。

定期的にホルモンレベルをチェックしながら、医師の指導のもと、正しい使用法を守ることが重要です。

エストロゲンを補充することによって、自律神経のバランスが整ってくるので、自律神経失調のために起こっていたさまざまな症状が軽くなります。

特にホットフラッシュや冷え、動悸など血管運動系の不調は改善されやすいといわれています。また、皮膚や粘膜の乾燥や萎縮、骨密度の低下(骨粗しょう症)、コレステロール値の上昇なども、エストロゲンの補充で改善されやすくなります。

副作用は有りませんか?

HRTを行うと、最初のうち軽いはき気や胸の張り、腹部膨満感などが見られることがあります。しかし、こういった症状は服用を続けていくうちにおさまります。また、HRTで太るということについても問題はありません。

一つ考えられるとすれば、HRTにより更年期障害の様々な悩みが解消し、食欲が回復して油断ををしていると体重が増えるということはあるかもしれません

ホルモン補充療法(HRT)

女性ホルモンが足りないためにおこる、さまざまな障害を予防し、改善するための治療法です。HRTとは、

"ホルモン補充療法"を英訳したときの"Hormone Replacement Therapy"(ホルモン・リプレースメント・セ

ラピー)の頭文字をとったものです。 閉経する前、もともと卵巣は、毎月リズミカルに、女性ホルモンを

分泌しています。女性ホルモンには二種類あり、そのうちの卵胞ホルモン(エストロゲン)が女性ホルモン

としての大切な働きを持っています。女性ホルモンの働きは

1)女性としての、組織や細胞の機能を維持します。

2)骨にカルシウムを貯めて、骨を丈夫にします。

3)善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします。

4)脳の代謝の維持に関係しているといわれています。

ところが、閉経するとこの女性ホルモンは自分の身体ではほとんどつくられなくなってしまいます。その

ために上に書かれたそれぞれの生理的なバランスが崩れてしまうのです。つまりHRTは、女性ホルモンが不

足してしまったために起こるさまざまな障害を、予防し改善するために、もともと自分の身体でつくられて

いた女性ホルモンを外から補充する治療法のことです。HRTは、欧米ではすでに40年近く行なわれており、

更年期症状のみならず、心臓血管系の障害や骨粗鬆症に対する予防や治療法としても十分に確立されていま

す。日本でも一般的な治療法として実施されるようになってから、すでに10年がたとうとしています。

女性ホルモンが不足すると、我慢するだけではすまない問題がおきてきます。"更年期障害"といえば、ほ

とんどの方が、"ほてる"とか"いらいらする"など、いわゆる"更年期症状"を思い浮かべます。確かに、更年

期障害が、このような症状だけであれば、何年か我慢をすれば、いずれ通り過ぎてしまうでしょう。そのた

め、"いつかは身体が慣れる"とか"我慢しなければ"といった思い込みから、一時しのぎのホルモン注射や鎮

静剤などが使われ、根本的な治療はなかなか行われてきませんでした。更年期障害には1)いわゆる"更年期

症状"(自律神経症状を中心とした不定愁訴)2)骨粗鬆症(カルシウムが溶け出て骨がもろくなる病気)3)

高脂血症(動脈硬化症、高血圧、虚血性血管障害)があります。最近、"骨粗鬆症"と"高脂血症"という深刻

な病気が、更年期障害と密接な関係にあることが注目されるようになってきました。これらは、女性ホルモ

ンがなくなった閉経後、10年ぐらいすると完全な病気として発病することが多く「遅れて出現する更年期障

害」と考えられます。そして、その発病までの期間、自覚症状がまったくないことが大きな問題を引き起こ

してしまいます。骨粗鬆症は大腿骨や脊椎などの骨折を引き起こし、高脂血症は動脈硬化症を誘発すること

によって心筋梗塞や脳卒中などの虚血性血管障害の原因となります。それらは、将来の「寝たきり」の原因

の1位と2位を占めています。最近の平均寿命をみると、閉経後の人生は30年以上もあります。この人生後半

の30年間を、"寝たきり"や"病院通い"で過ごすのか、はつらつと過ごすのか、つまりその生活の質(QOL=

Quality of Life=クォリティ・オブ・ライフ)を考えると、HRTはますます重要になるはずです。最近では、

これらの気持ちの持ちようでは済まされない深刻な病気を予防する、というHRTの本来の目的が、少しずつ

理解されるようになってきました。

女性ホルモンの不足によっておこる障害への効果は、多くのデータが証明しています。早期に出現する

更年期症状(不定愁訴)には即効的な効果が、数年後に遅れて発症する骨粗鬆症や動脈硬化症などに対して

は予防的な効果もあることが、数多く報告されています。HRTでは、卵巣ホルモンのエストロゲンと黄体ホ

ルモンが使い分けられます。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。

最近、米国国立衛生研究所(NIH)は、HRT(ホルモン補充療法)について、恩恵よりもリスクの方が大き

いとの見解を発表しました。これは、大規模な前向き臨床試験のデータに基づくものですが、その試験は、

50歳から79歳までの健康女性16,608名を対象として、HRTを受けたグループ(8,506名)と受けないグループ

(8,102名)との間で各疾患の発生率を比較し、HRTの恩恵とリスクについて検討する目的で開始されました。

調査期間としては、当初8.5年を予定していました。しかし、大腿骨頸部骨折、結腸直腸癌、全癌の発生数

は、減少するというメリットがある一方で、乳がん、心臓発作、脳卒中、肺血栓症の発生数は、増加してし

まうというデメリットがあることも中間データで明らかになり、エストロゲンと黄体ホルモン製剤を併用し

たHRTは恩恵よりもリスクの方が高いケースがあるとの判断から、この大規模な臨床試験を平均5.2年の調査

で中止することを決定しました。HRTの方法は、エストロゲンとしてE1(エストロン:商品名プレマリン)1

日0.625mgを黄体ホルモン製剤(商品名プロベラ、1日2.5mg)と一緒に服用するものでした。エストロゲン

だけを投与するエストロゲン補充療法については「上記の傾向は明らかではない」として臨床試験を継続し

ています。これまでもHRTに関する数多くの臨床調査結果が発表されてきており、今回の結果だけがすべて

とは限りませんが、NIHという非常に権威ある研究機関からの最新データであることに注目しなくてはなり

ません。この米国国立衛生研究所(NIH)の発表は、HRT(ホルモン補充療法)の意義を全面的に否定するの

もではなく、「漫然と過剰なHRTを続けるべきではないこと」と「適切な定期検査の大切さ」を訴えている

もの、と考えます。HRTの期間と発症率には関係があり、約10年間以上HRTを継続した女性で相対危

険率が上昇する危険性が示唆されており注意を要します。世界21か国から集められた51の疫学調査を総

合的に評価した97年の報告によると、HRTの使用でいくらか増加は見られます。だが、HRTを受けた

人のがんの進行が遅かったとされています。従って「乳がんの危険性を差し引いても利点の方が多い」とい

うのが専門家たちの一致した見方です。

HRTを続ける場合には、次のポイントが非常に大切です。

● 適切なHRT製剤を選択し、その必要最少量を服用する。(服用期間も)

● 適切な定期検査を受ける。

治療:

原則としてエストロゲンとプロゲステロンを併用します。エストロゲン製剤として結合型エストロゲン

(プレマリン錠:0.625mg/日)をベースとし連日服用、これに重ねてプロゲステロン製剤(プロベラ:2.5mg/

日)を服用、 プロゲステロン製剤服用終了後に消退性出血が3~4日間見られます。また閉経後数年を経

過した女性にはプレマリン0.625mgとプロゲステロン製剤2.5mgを同時に連続服用(同時連続)する方法も行

われています。 この治療法では、治療開始数ヶ月間に少量の出血を見ることがありますが、ほとんどの場

合治療を継続するうちに子宮内膜が萎縮し、出血が無くなります。またエストリオール製剤は子宮内膜に対

する作用が弱く、連続服用しても内膜は肥厚せず、連続使用(1日2mg)することは可能です。エストラダ

ームTTSでは、経皮的に吸収されたエストラジオールは直接血流に入り、少量で治療効果を発揮することが

出来ます。HRTが適切に行われ、その効果が十分に発揮されるには、治療前の評価と治療中のフォローア

ップが重要です。治療に際しては予想される出血のパターンとその背景を十分に理解してもらっておくこと

が、治療を継続するために不可欠です。

定期検査:

副作用のチェック(少なくとも以下の検査が半年から1年ごとに必要と考えています。)血液凝固線溶系

(血液を固めたり溶かしたりする体内のシステム)の検査、末梢血(血液が濃くなり過ぎていないか;血栓

形成の予防)の検査、肝機能(ホルモン剤を代謝する臓器機能)の検査、 乳がん検査(専門医による触診、

超音波検査やマンモグラフィー)が必要です。 高脂血症(悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中

性脂肪など)の検査、骨粗鬆症の検査、その他、更年期以降におこりやすい疾患や自覚症状に応じて(糖尿

病や血圧、うつ状態の検査など)

アメリカを例にとれば、20世紀初めには42歳だった平均寿命は今や70歳代。人生が約2倍に延びた

のに、卵巣の機能に“進化”は見られません。HRTは、少なくとも寿命を4年は延ばします。大事なのは、

何をどう感じながら生きるかです。だれでも健康に年を取りたいと思います。

HRTは、エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類を併用するのが基本です。

子宮がある(または子宮を摘出している)、閉経から何年経っているかなど、それぞれの状況によってHRTの投与法は変わってきます。

HRTができない時

乳がん、子宮体がん、血栓症にかかってる人、過去にかかっていた人は原則としてHRTを受けられません。ヘビースモーカーの人も血栓ができやすくなるため受けることはできません。また子宮筋腫、糖尿病、高血圧、肝機能・腎機能障害、胆のう疾患がある場合には、投与方法や投与量を工夫しながら行います。

HRTを受けると、乳がんになりやすいと言われてますが本当なのでしょうか?

HRTの副作用はどうなのか、とりわけ、乳がんに対する不安がもっとも大きく、悩んでる女性が多くいらっしゃると思われます。

では実際はどうなのでしょうか。

これまでの報告では、何も治療を受けてない女性が自然発生的に乳がんになる率は、およそ600人に1人くらいです。この率は、10年間HRTを受けてもほとんど変わらないと考えられています。しかしさらに長期(10年以上)にわたってHRTを受けている人では、乳がんになる率は若干増加して、およそ600人に1.3人が乳がんになると報告されてます。このことは、裏をかえせば10年以上HRTを受けても、600人のうち598.7人は乳がんにならないことを示しています。

一方、HRTは全身に作用して、多くの福音を女性にもたらします。さらに10年間HRTを受けた女性は、子宮がん、大腸がん、肺がんなどになりにくく、さらに骨粗鬆症による骨折率を半分に減らし、ボケを防いでくれます。また、閉経後の女性のおよそ半数以上の方が悪玉コレステロールが減って動脈硬化にもとづく虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管障害(脳血栓、脳出血)で死亡するわけですが、HRTはその危険率を半分に減らし、その結果、元気で生活できる期間を延ばしてくれます。ですから、「若干乳がんになりやすい」という短所と引き換えにこれらの長所を捨ててしまうのはもったいない話です。

日本では2002年に米国で発表されたホルモン補充療法と乳癌の関係(WHI、世界保健機関、の発表)についてが正しく理解されていない側面があります。

乳癌とホルモン補充について 『更年期障害のホルモン補充療法は、悪性腫瘍全体ではリスクを上昇させるものではない』 ・・第26回日本女性医学学会(2011.11)

まずこの研究は乳癌になるリスクが高い人達を対象とした研究であるということを認識する必要があります。

(平均年齢63歳、肥満,喫煙者などが対象)この研究ではホルモン補充療法を受けていると乳癌の発生率は0.08%のみ上昇するとされています。

しかし、この確率は航空機の客室乗務員の乳癌発生が5倍(30人が150人に増加)、喫煙者の肺癌の発生率が29倍になることに比較すると非常に少ないものです。

また,日本では乳癌の発生率は増えているとはいえ西洋諸国に比較し、乳癌発生率は約1/4のと言われています。

★WHIで指摘されていたホルモン補充療法の否定的な側面に関しても最近ではさらに検討が進められています。

ホルモン補充療法によって癌になるリスクは増えない。

大腸がんの発生率は低下、子宮頸がんは不変で悪性腫瘍全体で見ると,ホルモン補充療法によって癌の発生率は増加せず,死亡率はむしろ低下することが報告されている。(ホルモン補充療法を受けていない人の方が癌の死亡率は高くなるということです)

冠動脈疾患は60歳未満あるいは閉経後10年未満の健康女性ならばリスクは上昇しないこと

欧米でも乳がんに関しては5年未満の施行なら安全であるされている(日本産科婦人科学会、日本女性医学学会のホルモン補充療法ガイドラインもこれに沿って作成)

唾液検査は、すぐに使える活性化されたホルモンを測定するのにとても有効です。

ホルモン値およびホルモンバランスの測定と診断には血清中のホルモン測定が標準的に行われていますが、

血中ステロイドホルモンの90から99%は運搬たんぱく質に強く結合しており、すぐに使用することができません。

ほんのわずかな非結合ホルモンが細胞内に入って効果を発揮するのです。

唾液ホルモン検査この非結合ホルモンが重要です。

非結合ホルモンのみが受動拡散によって唾液に自由に入ることができるのです。

だ液検査は、これらの利用可能なホルモンを測定するのに最適な方法です。

唾液ホルモンレベルはホルモンの過不足による症状ととても深い関係があり、

唾液ホルモンと各症状との明らかな相関性が様々な研究から明らかにされていま

唾液ホルモン検査の特徴

生物学的に利用可能なホルモンを検知する

簡便で痛みがなく、身体に負担の少ない採取方法

天然ホルモン補充療法中のモニタリングができ、ホルモン補充量の過不足がわかる

女性用唾液ホルモン検査

早発閉経やプレ更年期症状、更年期症状、月経前症候群、副腎疲労症候群などは、ホルモンバランス異常から起こります。

これらの症状が女性ホルモンバランスの異常に由来していることを知ることが大切です。

子宮筋腫、月経不順、乳がんなどもホルモンバランス異常から引き起こされます。

多くの場合、天然ホルモン補充療法がこれらの予防になります。

この検査では、性ステロイドホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)を測定し、全般的なホルモンバランスについて調べます。

結果に基づき、ホルモンを正常バランスに戻して不調・疾患の改善や、加齢による健康度低下を防ぎます。

副腎皮質ストレス検査

副腎皮質ストレス検査では、コルチゾールとDHEAsを測定します。

コルチゾールは、副腎皮質で産生されるホルモンです。

このホルモンは、ストレス(精神的または身体的な過負荷、痛み、病気など)によって上昇し、

ストレスに対する身体反応に関与するため、“ストレスホルモン”とも呼ばれています。

このホルモンが欠乏、もしくは過剰な状態の時、様々な症状や疾患を引き起こします。

コルチゾールがストレスによって上昇するのは、身体がストレスに対処するのを助けているからです。

しかし、慢性的なストレスによって長期間コルチゾールが上昇した状態になると、

うつ病、不安、気分変動、体脂肪の増加、骨密度や筋肉量の減少、性欲の減退、月経前症候群の悪化、更年期障害の悪化、免疫反応の低下、アルツハイマー型認知症および高血圧などの原因となります。

コルチゾールが枯渇すると、アレルギー、ストレスに対処する能力の低下、低血糖、低血圧、疲労感(1日の中で変動、朝に疲労感があり、夜に活発になる)、めまい、甘いものや塩分の高いものへの欲求といった症状が出る場合があります。

さらに、コルチゾールの値が適正でないと、慢性疲労症候群、関節リウマチなどの自己免疫疾患や副腎の疲弊など、慢性的な症状が現れる場合もあります。

通常、コルチゾールには日内リズムがあり、早朝に最も高く、夜間に最も低くなります。

したがって、1日のうち4つの異なる時点で検査を行うことにより、身体がストレスにどのように反応しているかを知ることができます。

DHEAは、“ホルモンの母(mother hormone)”や“アンチエイジング・ホルモン”として知られています。

このホルモンは、脳および副腎皮質で産生されます。

DHEAは、20~30代で最大量に達し、70歳代までに個々人の以前のピーク値の10~20%にまで減少します。

DHEAには、健康を害する過剰なコルチゾールによる弊害の一部を調整する働きがあります。

天然ホルモンを用いてホルモン補充をすると、自然のホルモンの世界の調和を崩すことなく、まるで体にもともとあるホルモンのように同じ作用をします。

つまり、天然ホルモン補充治療は、ホルモンの世界の自然のハーモニーを乱さず、自然の調和をさらに高め、全身の各ホルモンの長所を引き出します。

天然ホルモンをからだのバイオリズムに合わせて補充すると、弱った部分を穏やかにサポートするので、ホルモン界の底力が増し、全身の健康増進に寄与します

以下のホルモンはホルモン界の主要なホルモンです。これらのホルモンは相互に作用しながらはたらきます。

ひとつのホルモンが作動すると、ほかの一見関係なさそうに遠いところに位置するホルモンにまで影響します。

そしてそのホルモンがまたさらに別のホルモンの活動に影響します。