ダイアン(Diane-35)&スーシー

インターネット通販で買えるダイアン&ダイアンジェネリック

ダイアン(Diane-35)は、アジア人の為に作られた安全な低用量避妊ピルです。

ダイアンは、一相性ピルです。

一相性ピルは、1周期(21日間)に使用するピルの中身が同じなので、錠剤を飲み違える危険がありません。

一相性の低用量ピルについて

確実な避妊:低容量避妊ピル:ダイアン35

ダイアン(Diane-35)

ダイアン(Diane-35)【1箱21錠】

1箱⇒1,166円 ($11.02)

3箱⇒2,225円 ($21.02)

6箱⇒3,815円 ($36.04)

有効成分:

  • Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン) 2mg
  • ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

内容量:21錠

メーカー:Bayer Turk Kimya San. Ltd.

1箱=¥3,180(1錠単価=151円)

3箱=¥5,481(1錠単価=87円)

6箱=¥8,478 (1錠単価=67.2円)

12箱=¥14,880 (1錠単価=59円)

12箱(1年パック) ⇒14,880 (1錠単価=59円)

有効成分:

  • Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン) 2mg
    • ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

内容量:21錠

メーカー:Schering(バイエル シェリング ファーマ)

スーシー(Sucee)21錠タイプ

ダイアンのジェネリックです。

ジェネリックとは

有効成分:

    • Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン) 2mg
    • ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

内容量:21錠

メーカー:BIOLAB Co.,Ltd

スーシー(Sucee)28錠タイプ

偽薬(ぎやく)が7錠付いた28錠タイプです。

飲み忘れの心配が大きい女性用です。

偽薬(プラセボ)とは

有効成分:

    • Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン) 2mg
    • ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

内容量:28錠(プラセボ7錠入り)

メーカー:BIOLAB Co.,Ltd

ダイアン(Diane-35)の成分は、

  • プロゲストーゲン(黄体ホルモン)である酢酸シプロテロンと
  • エストロゲン(卵胞ホルモン)であるエチニルエストラジオール

です。

エストロゲン~卵胞ホルモンプロゲスチン~合成黄体ホルモン

サイプロトロン酢酸塩は、男性の精子より作られるアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を抑制するため、

これらのホルモン管理する事により妊娠を防止することが可能です。

ダイアン(Diane-35)は、避妊目的以外にも、ニキビ、特に脂漏症や炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ

(丘疹性座瘡、嚢胞性結節)、男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、

女性における男性ホルモンによる疾病の治療に使用されています。

◆用法

初めてピルを使用する場合、月経初日から飲み始めるのが基本で、

1日1錠を21日間毎日服用し続けますが、毎日なるべく一定の時刻に服用するよう心がけてください。

服用の間隔が36時間以上となった場合は、避妊効果が低下し、他の避妊措置が必要となります。

飲み忘れにはくれぐれも注意してください。

服用を続ける場合は21日間服用のあと、7日間の休薬期間(ピルを服用しないこの期間に生理が来ます)を

おき、次のピル服用に移ります。

◆注意事項

ピルには血液を固まりやすくする性質があるため、血栓が出来たり、悪化させる恐れがあります。

このような症状は年齢と喫煙に深く関係します。

40歳以上の方やタバコを吸う人はリスクを高めますので主治医の指示に従って下さい。

また、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病など持病がある場合、長期間投与を行なう場合は、

服用する前に医師に相談してください。

※ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

◆副作用

飲みはじめてからホルモン環境が変わったために起こる副作用として、次のような症状が見られることがあります。

不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み、吐き気などの胃腸障害。

◆成分

Cyproterone Acetate(酢酸シプロテロン) 2.0mg

Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.035mg

◆その他

ルナベル配合錠(日本新薬)、ルナベル配合錠LD(日本新薬)、ルナベル配合錠ULD(日本新薬

ダイアン35は女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した成分が含まれいます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの成分にも種類は色々とあるのですが、ダイアン35の場合は「黄体ホルモン=エチニルエストラジオール0.035mg」「卵胞ホルモン=シプロテロンアセテート2mg」となっています。

単純に、この成分容量が低いことで低用量ピルとなるわけです。

避妊とダイアン35

ダイアン35を21日間、毎日1錠を決まった時間に服用することで、排卵がとまります。ダイアン35を服用している間は、生理前の状態になるため、つまり妊娠中に近いホルモンの状態を持続するために排卵を抑えることができます。

さらに子宮内膜の増殖を抑える効果もあり、受精卵を着床しにくくするため、避妊効果が出てくるわけですね。しかも、ほぼ100%の確率で避妊してくれる。

ダイアン35を服用することで、ホルモンバランスが整うために、避妊だけでなく「生理周期、生理痛、生理時の出血量、PMS」なども軽減してくれます。

「ピルを服用すれば生理はこない???」っと、勘違いをしている人いますが、生理はきます(こない人もいる)。でも、ピルを服用することで決まった日に生理がくるわけです。つまり、生理周期に悩まされることはない。

それから、「排卵や子宮内膜の増殖を抑えているため」に、生理痛や生理時の出血、PMSなどを抑えることができるわけですね。

過剰皮脂分泌で脂漏性湿疹発症、自分の油で小鼻とおでこがかぶれる、頬には毎日新しいコメドができる。顎・首耳たぶ・耳まで大人ニキビだらけ。ディフェリンでも限界。

もともとむくみやすい体質のため3年悩みに悩みましたがとうとうピルに手を出しました。

現在6日目、劇的に大人ニキビが出なくなりました。

少々のコメドの詰まりや5~6個の小さなニキビはあるものの腫れあがるようなアレではないです。もっと早く試せばよかった、けど。やはり私はダイアンでもむくみます。保水力は感じます。夜20時以降の水分はあまり出切らない感じで朝が顔パンパン。ジムで筋トレ・糖質制限の減量もしているのでどうしたもんか…という感じです。

本気減量の真っただ中なのに。

覚悟していた食欲増加は全くありません。

胸は生理前のようなハリを持続しています。

単純に女性ホルモンにより多くの脂肪を溜め込もう・とする作用があるように感じます。

明らかにいつもよりも少ない食事量を続けても体重が増加したりします。(脂肪だけでなく保水分量もかなりあると思う)

ただ、私は日常とてもむくみ易く体内変化に敏感なほうです。トリキュラー服用の友人はむくみ・太りは気にならなかったといいます。(しかし辞めたら急に3kg落ちたそう)

女性化目的で使用しています。

購入2回目です。

胸が膨らみ始めたので、凄く効いている気がする。

MTFの方におススメです。]

PMSに悩み続けていて以前は病院で処方されていたトリキュラー、ヤーズを飲んでいましたが、

いまいち効果が無く体中がすぐに攣るのが不安になりアジア人向けだというこちらを購入しました。

最初の1か月はあまりPMSへの効果は感じられませんでしたが、2か月目から痛みはもちろん一番気になっていた集中力の低下や物忘れ、鬱状態などの精神的な症状に大変効果がありました!]

]

強力なエチニルエストラジオールと抗男性成分が混合されているので非常に効力の高い製品です。

ず、顔から吹き出していた脂が減り、顔がギラギラしなくなりました。

そして、生理の度に増えていた吹き出物が一月経つ前にすべて消えて今は無いです。

また、眉毛や口周りの産毛も生えてくるペースが遅くなり、毛質も若干ではありますが細くなっているのを感じます。

多嚢胞性卵巣症候群であり、ピルを使っています。男性ホルモンを抑制するピルは、日本では販売されていません。

一部の不妊症クリニックに行かなくてはいけないので、田舎に住んでいると買うことができません。

男性です。エストロモンと併用してますので全てダイアンによる効果かはわからないが、摂取から17日目にして起床したら明らかに両乳首が触ると痛いし固くなりました。乳首周りも違和感があります。なんか大きくなってきたような。ちなみに欠かさず1日ダイアン2錠エストロモン6錠ですが副作用的な現象が全く認められないので増やそうと計画してます。なので早速、注文しようかな〜

MtFです。女性化目的で使用しています。

抗男性ホルモンとして、強力に働く酢酸シプロテロンと、

女性ホルモンとして、強力に働くエチニルエストラジオールが合わさった、初期のMtFにとっては理想的なお薬。

ただし、エチニルエストラジオールは、0.035mgと、

0.05mgのリノラルと比較してそれほど多く無いため、

リノラルとの併用が効果的と思います。

卵胞ホルモンと抗男性ホルモンを両方摂取できるピル。副作用は特になし。女性化を目指す場合E1の女性ホルモンとの併用で使用してます。女性用のピルなので長期服用を考えた場合コストパフォーマンスは悪いです。

MtFで1カ月服用しているものです。効果はとても満足しています。今では胸が小学生初期ほど胸、下は機能がなくなり、性欲などもありません。エストロモンを最初服用して2週間、その後ダイアンを服用して胸の発達や下の機能がなくなるなどの影響が強くなったので、ダイアンの効果はかなり感じています。今はエストロモンとダイアンを飲まないと逆に体調が悪くなるので、この2つは必須になりました。このまま飲み続ければもっと効果が出てくると思うと数か月後が楽しみになります。服用は、エストロモン、ダイアン共に8時間置きに2錠で1日に計6錠です。

MTFとFTM

性同一性障害には、二つの分類があります。身体と心の性別が一致していない状態を指し、身体が「男性」で心が「女性」をMTF(Male-To-Female)と言い、身体が「女性」で心が「男性」の人をFTM(Female–to-male)と言います。

「障害」と言われるのには理由があり、心と身体の性別が異なるため、生活上のあらゆる状況においてその性別(生来の性別)で扱われることに、精神的な苦痛を受けることが多いためです。また自らの身体に嫌悪感や違和感を抱くという人もいます。

FtM と MtF

生物学的性別が女性で、性の自己意識が男性である事例を「FtM」(エフティーエム、Female-to-Male)、生物学的性別が男性で、性の自己意識が女性である事例を「MtF」(エムティーエフ、Male-to-Female)と表記する用語がある。

ニキビとダイアン35

私がダイアン35を利用している理由はニキビ対策のため。

ニキビの要因として、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが多くなることで、脂性が増えてしまい顔にニキビがブツブツとできてしまうわけです。

ニキビに悩んでいる女性は、同じく多毛症にも悩むといわれています。これも要因は同じこと。

そこで、ダイアン35の出番。

成分に「物質サイプロトロン酢酸塩」が配合されているために、男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を防いで、「多毛症、ニキビ」を治してくれます。

私なんかは、思春期の20代前半にニキビに悩まされたため、ダイアン35を使うことでかなり軽減できています。ニキビはどうしても跡が残るため、速めのケアが大切。