販売されている低用量ピルの一覧表

日本には11製剤のピルがあり、内容別には1相性が1種類、3相性が3種類になります。

すべての製剤が21日間投与する点で共通しており、プラセボを含むものは28日間投与式でできています。

低用量ピルの分類

『販売されている』と言っても。お医者さんに行って、処方箋をもらわないと、買うことはできません。

つまり、ピルは薬局に行かないと買えないのです。

μg(マイクログラム)はmg(ミリグラム)の1000分の1です

1mg → 1000μgなので 0.015mg → 15μgとなります。

ああ

商品名に「28」とあるものは、休薬期間にあたる7日間にホルモンを含有しないプラセボを引き続いて服用させる28錠のタイプ。

商品名に「21」とあるものは、プラセボの無い21錠のタイプ。

トリキュラー、アンジュ、オーソ、シンフェーズ、マーベロン、ラベルフィーユ、ファボワール

  • 第一世代=ノルエチステロン(Norethisterone:NET)
  • 第二世代=レボノルゲストレル(Levonorgestrel:LNG)
  • 第三世代=デソゲストレル(Desogestorel:DSG)
  • 第四世代=ドロスピレノン(Drospirenone:DSPR)