さわい家の歳時記です。
十二ヶ月、二十四節気、七十二候を
イラストとテキストでまとめました。
本にしてくださる出版社様募集中(笑)



恋する歳時記十二ヶ月 

一月  二月   三月
四月  五月   六月
七月  八月   九月
十月  十一月  十二月 

私は東京の生まれです。
両親は東京の生まれではないので、さわい家では地方のミックスされた季節行事が行われていました。
父は季節行事をとても大事にしていたので、家族で準備をした楽しい思い出がたくさんあります。
親元を離れて独立した今でも、父や母の教えに従い、折りにふれてあれこれしています。



恋する歳時記二十四節気

祖母の家の盂蘭盆会は八月に行います。
東京は七月に終えるので、子どもの頃は不思議に思っていました。
後にそれは旧暦で動いていたことがわかり、歳時記や暦に興味を持ちました。
専業農家で水田を持っていた祖母の家。農業には欠かせない、細分化された季節。
太陽や雨、動植物の動きを知って農作物や漬け物を時期に合わせて作る・・・。
季節に合わせて生活することは結構忙しいですが、そんな時間をいとおしく感じます。



恋する歳時記七十二候
十二ヶ月で考えると「もう月変わり?」と思うことが多いのですが
七十二候を見て生活すると季節がよくわかります。
せっかく四季のある国に生まれたので、古人の英知に敬意を表して
スローライフというものを体感しながら暮らしたいものです。
あの花が咲いたとか鳥が越冬しているとか、雨が多いなとか月がキレイとか
気にしながら生活できるのは幸せなことかもしれません。