インターネット通販で買えるバスパー(塩酸ブスピロン)

病院に行かなくても買えるバスパー(塩酸ブスピロン)&ジェネリック

バスパー(塩酸ブスピロン)は日本では買えません。病院にもありません。

現在、バスパーは厚生労働省の承認を受けていません。

病院で処方されておらず、個人輸入によってのみ手に入れられます。

ちなみに、バスパーは”ブスパー”と呼ばれてもいますね。

『デパス:抗不安剤』や『アモバン:睡眠導入剤』を服用されていた方へ

あなたが大好きだったデパスやアモバンは、『抗精神病薬』に指定され、個人輸入は出来なくなりました。

代わりになる薬として、「バスパー(有効成分:塩酸ブスピロン)」の服用をおすすめします。

バスパー&バスパージェネリックは、デパスやアモバンに類似した適応症を持ち、副作用も少ない薬剤です。デパスやアモバンのようなベンゾジアゼピン系の薬剤が持つ、不安材料もありませんよ。

絶対に使ってはいけない?~ベンゾジアゼピン系薬剤の欠点・デメリット・怖さ

絶対に使ってはいけない?~ベンゾジアゼピン系薬剤の副作用・依存性・耐性

バスパー(塩酸ブスピロン)の注文・購入

精神薬や抗不安薬や睡眠薬は、お医者さんが出す【処方箋:しょほうせん】が無いと、日本では手に入れることが出来ません。

でも、海外では、街中のドラッグストアや薬屋さんで買うことが出来ます。

そこで、あなたの代わりに薬を買ってきてくれるのが、『個人輸入代行』という、システムです。

もちろん、違法ではありませんよ。

バスパーやバスパーのジェネリック薬の注文の仕方は簡単です。

楽天やアマゾンで買い物をするのと、全く変わりません。

詳しくはこちらで確認してくださいね。

薬の個人輸入についてジェネリック医薬品について

バスパー&バスパージェネリックの個人輸入は、

個人での使用に限り、輸入規定量を守れば、医師の診察、処方箋がなくても、法律で認められています。

    • 送料・手数料無料
    • 銀行振込・カード決済対応
    • 正規品100%保証
    • 中身のわからない安心梱包
    • 郵便局留めOK
バスパージェネリック(バスピン)10mg
バスパージェネリック(バスピン)5mg

1箱⇒¥3,980(1錠単価=39.8円)

2箱⇒¥5,280(1錠単価=26.4円)

3箱⇒¥6,480(1錠単価=21.6円)

成分:塩酸ブスピロン10㎎(Buspirone Hydrochloride)

内容量:1箱100錠入り

メーカー:Intas Pharma (インタス・ファーマ)

発送国:シンガポール

メンタルケア薬品のベストケンコー

1箱⇒¥3,780(1錠単価=37.8円)

2箱⇒¥4,880(1錠単価=24.4円)

3箱⇒¥5,880(1錠単価=19.6円)

成分:塩酸ブスピロン10㎎(Buspirone Hydrochloride)

内容量:1箱100錠入り

メーカー:Intas Pharma (インタス・ファーマ)

発送国:シンガポール

メンタルケア薬品のベストケンコー

バスピロン5mg

バスパージェネリック5mg(Buspon)

内容量:1箱50錠入り

1箱=1,862円(1錠単価=37.2円)

2箱=2,713円(1錠単価=27.1円)

バスピン(Buspin)5mg

内容量:1箱200錠入り

1箱=2,745円(1錠単価=13.7円)

バスピン(Buspin)10mg(インド)

内容量:1箱100錠入り

1箱=2,260円(1錠単価=22.6円)

下の広告をクリック後、検索窓に『バスパー』と書いて”検索”をクリックしてくださいね。

1箱⇒¥2,880(1錠単価=28.8円)

2箱⇒¥3,280(1錠単価=16.4円)

3箱⇒¥3,780(1錠単価=12.6円)

成分:塩酸ブスピロン5㎎(Buspirone Hydrochloride)

内容量:1箱50カプセル

メーカー:Deva (デヴァ)

発送国:シンガポール

メンタルケア薬品のベストケンコー

医薬品個人輸入代行オオサカ堂

塩酸ブスピロン(Buspirone Hydrochloride)

塩酸ブスピロン(ブスピロン塩酸塩)は、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、特定の不安要素が無いにも関わらず漠然とめまいや多汗が起こるような動悸や緊張を伴う、全般性不安障害の改善に効果をあらわします。

日本では未承認のブスピロン塩酸塩ですが、海外では主流と言われている成分となっています。

安全性が高く、依存、耐性、退薬症状が現れないのが特徴とされていて、主にうつ病、不安障害の治療に用いられています。

通常は、効果が実感できるまでに、2週間ほどかかることが多いようで、ゆっくりと時間を掛けて効いてくる優しい薬です。

特徴

デパスには依存性はありますが、バスパーは依存性も引き起こすことはありませんので安心して服用する事ができます。

デパスの代わりに十分になりうるお薬です。

ただし、バスパーは病院では処方してもらうことはできません。

重篤(じゅうとく)な副作用や離脱症状は非常に低く、安全性が高い抗不安薬です。

分類

バスパー&ジェネリックの主成分である塩酸ブスピロン(ブスピロン塩酸塩)は、セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬とされ、アザピロン系の非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。

(ブスパーやブスピンと呼んでいる人もいますね。)

セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬とは

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や抗うつ剤とは化学的、薬理学的に異なったカテゴリーに属しますが、動物実験では抗コンフリクト作用があることが確認されています。

ベンゾジアゼピン系とは

抗コンフリクト作用とは

作用機序

塩酸ブスピロンの抗不安作用は、セロトニン5-HT1A受容体の継続的な活性化によるセロトニンの放出の抑制解除と、そのことによる高セロトニン濃度の維持によってもたらされるとされています。

同時に脳内のドパミンやノルアドレナリン等の、気分を明るくする神経伝達物質の作用を増強することによっても、不安や心配を軽減させると考えられています。

バスパー(Busper)はどんな人に向いているの?

    • うつ病や不安障害に悩んでる方
    • 入眠障害などの不眠症に悩んでいる睡眠障害の方
    • 不安感により寝付きが悪い方
    • 不安感で日常生活に支障がある方
    • ストレスや緊張に対して弱い方
    • パキシルなどで、性機能障害が出現した方
    • 副作用を気にする方

バスパーは、効果がゆっくり現れる抗不安薬で、依存性が低く副作用が少ない、非常に安全性が高い抗不安薬とされています。

脳内伝達物質のセロトニン神経活動を刺激し、ドーパミンやアドレナリンといった気分を高揚させる神経伝達物質を増強することで、緊張感や不安感、憂鬱(ゆううつ)な気分を抑制を抑制します。

不安感を抑制する事によって脳内の興奮状態を緩和する効果がある為、入眠障害などの不眠症に悩んでいる睡眠障害の方にも適しています。

パキシルなどで、性機能障害が出現した場合、バスパーのようなセロトニン1Aアゴニストで改善される可能性があります。

アゴニストとアンタゴニスト

全般性不安障害とは

全般性不安障害とは、特別な理由のない不安が継続的に続き、様々な活動や出来事に生じた過剰な不安や心配をうまくコントロールできなくなる精神疾患です。

心配事や不安の為、落ち着きが無くなったり、疲れやすく集中できずイライラするなどの他、筋肉が強張ったり、よく眠れないと言う様な症状が現れます。

通常、その様な状態が、6か月以上継続した場合に、全般性不安障害の可能性があると考えられています。

心配事の内容は、仕事上の責任・金銭・健康・安全・日常生活の問題(家事や車の運転)など、多岐に渡りますが、非常に一般的な問題で、患者により不安の対象がその時々で変化する事もあります。

用法・容量

    • 平均的な使用量は、一日当たり15㎎~30㎎です。
    • 一日の最大服用量は、60㎎です。
    • 効果がないと思ってすぐに増量するのではなく、2週間程度は同じ用量で続ける必要があります。
    • セロトニン5-HT1A受容体作動薬を、不安やうつなどの精神障害に対して使用した場合、効果はすぐに認められないことが多いです。効果が認められるまでの期間は、おおむね1~2週間と言われています。
    • 最長、24週間以上続けて服用しないで下さい。
    • 服用を忘れた場合は、忘れた分を省略して通常通り服用して下さい。
    • 服用の量を減らしたり、他の薬を飲み始める前や併用しようとする場合は、必ず医師に相談して下さい。
    • 自動車の運転や高所作業などの活動を避けて下さい。

不安障害の場合

初期の1日の服用量⇒10mg~15mgを2回に分けて、食間または食後に服用する。

睡眠障害の場合

就寝前に、20㎎~30㎎を服用する。

副作用

副作用はプラセボと同等程度で、少ないほうですが、個人差はあります。

偽薬(ぎやく)~プラセボとは

    • めまい、立ちくらみ
    • 眠気、頭痛
    • 神経過敏

バスパーは、効果が優しい抗不安薬の為、副作用は非常に低く安全性の高い抗不安薬ですが、人によっては、めまいや立ちくらみ、眠気や頭痛、神経過敏といった副作用が現れる場合がある為、注意が必要してください。

尚、人によっては滅多に出ない重い副作用が出たりする場合がある為、重い副作用の症状が出た場合には、すぐに医師に相談して下さい。

バスパー(塩酸ブスピロン)の安全性は?

バスパー(塩酸ブスピロン)は、解熱鎮痛剤バファリンの製造元で知られる、アメリカの大手製薬会社のブリストル・マイヤーズ・スクイブ(Bristol-Myers Squibb:BMS)社が開発・製造している、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、理由がないにも関わらず断続的に不安感を感じたり、ふとした時に焦りや緊張を感じてしまうなどの全般性不安障害の改善に効果をあらわすとされています。

日本に比べ、世界的にはデパス等のベンゾジアゼピン系薬物の依存性の欠点が重要視されていることもあり、精神科以外のすべての薬物もあわせた売り上げランキングでも40位くらいに入るということです。

有効成分の塩酸ブスピロンは、1986年にアメリカ食品医薬品局(FDA)により承認を受け、特許が切れた2001年以降、数々のジェネリック薬品が誕生しました。

長年にわたり、軽度から中程度の不安障害・うつ病に短期間の処方使用されている実績、そしてジェネリック薬品の多さからも、塩酸ブスピロンの有用性が判ります。

バスパーの併用禁止薬・

バスパーの併用禁止薬は、主に

    • 抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる「モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬:商品名:オーロリックス、マネリックス)」
    • 鼻水やアレルギー症状の薬や酔い止め薬にも成分が含まれている「抗ヒスタミン薬(アメリジン)」
    • 他の精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬との併用も危険なので併用しないようにしましょう。

尚、妊娠中や授乳中の方や高齢者、肝臓や腎臓に疾患がある方は、バスパーの服用は禁止となっております。

アルコールとの併用も避けるようにして下さい。

また、現在服用している薬があったり、他の薬と併用する場合は、医師に相談して服用するようにしましょう。

バスパーの離脱症状

バスパーは、セディールなどの抗不安薬と同様に離脱症状が現れる確率は非常に少ない安全性の高い抗不安薬となっています。

しかし、人によっては副作用と同じような離脱症状が現れる場合がある為、減薬や断薬する際は、十分に注意して下さい。

重い症状が現れた際は、すぐに医師に相談しましょう。

    • 不眠
    • 不安
    • 不快
    • 筋肉の痛み
    • 筋攣縮(スパズム)、震え
    • 頭痛
    • 吐き気
    • 食欲不振

離脱症状は、病気の再発や悪化とは全く関係なく、副作用によって症状が出る為、その違いをきちんと理解し対処していく事が望ましいです。